長い髪をばっさり切ったときのことです

キャンピングカーを中心にした出来事 > 経済 > 長い髪をばっさり切ったときのことです

長い髪をばっさり切ったときのことです

肩から15cmぐらいあったロングを思いっきり切ったときのことです。もともとカラーとかもしていなくて、髪の色は結構黒かったのですが、髪を切るきっかけはとくになかったんですけれども、綺麗に伸びていなかったので毛先もまちまちで、最初から綺麗に伸ばしなおそうと思ったのが理由です。仕事で髪を縛らないといけなかったので、縛れる長さにと思って肩にすれすれつくぐらいの長さでばっさり切ってもらいました。前髪も中途半端なながさだったし、なにより髪の色が黒すぎて、釜をかぶっているような昔のおかっぱ頭のような、ほんとに鏡見るのがしばらく憂鬱でした。不幸中の幸いで仕事中はキャップをかぶっていましたのでなんとかごまかしていましたが、どうしても耐えられなくてカラーリングして少し明るめの色にしました。ショートとか絶対似合う人と似合わない人いますよね。私には絶対無理なんだと再確認しました。それ以来いつも髪はロングの長さを保ち続けています。 下北沢脱毛

関連記事

  1. 長い髪をばっさり切ったときのことです
  2. 海外のムダ毛事情